交通事故は刑事と民事の両方から注意する

交通事故を車を運転して起こしてしまった場合、気をつけなければならないのは「どのような義務が発生しているか」ということです。
当て逃げ、ひき逃げのような重大な刑事事件を発生させてしまった場合には、道路交通法に違反したことになり、刑事罰の対象になります。
また、これらの証拠を隠滅させた、となれば証拠隠滅の罪にも問われることになります。
また、相手に対する損害賠償として、民事上で請求されることになります。

交通事故では、このように刑事事件としての問題と、民事上の問題、という両方の問題があることを覚えておくことです。
刑事上の問題は簡単なことであれば、点数の減点、罰金、免許の取り消しなどになりますが、重くなると、刑事上で責任を追及されることになります。
これに対して、民事の問題に関しては、休業損害、慰藉料、病院などの医療費、後遺症による労働の損失に関する補填、などの問題が発生することになります。
これらの責任の違いについて、ほとんどの方は混同してしまい、交通事故でなにをしなければならないのか、ということが分からないままになってしまうことがあります。
交通事故では、刑事、民事という両者の違いと、それらの担当する窓口、義務に関して十分に確認して正しい手続きをすることで、不利益になることを避けるようにしてください。
また、保険の確認は民事上の手続きになりますのが、任意保険、自賠責保険など自動車事故では手続きもちがうため、この点も十分に確認して正しい手続きをされるようにしてください。



<管理人推奨外部リンク>
交通事故被害の慰謝料や損害賠償の増額に関する相談に乗ってもらえます ・・・ 交通事故 慰謝料

Copyright © 2014 交通事故の刑事と民事の問題 All Rights Reserved.